×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボッテガヴェネタをご存じですか?

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)。
ボッテガヴェネタとはイタリアのファッションブランドの一つであり、現在はバッグ、財布、長財布などを主力商品とし、男性・女性の衣服、革製品、小物類として名刺入れ、キーケース、ブレスレット、ストラップ等を扱う総合ファッションブランドです。
ボッテガヴェネタの歴史は1966年に北イタリアのヴェネト州でモルテード夫妻によって創設されました。はじめは家庭だけのビジネスとして高級革製品の生産でしたが、レザーをメッシュ状に編みこんだ「イントレチャート」というデザインによって一躍脚光を浴びました。
ボッテガヴェネタは2001年にグッチが78.5%の株を取得しグッチグループの傘下に入り、それを機にエルメスやソニア・リキエル・オムでデザイナー経験を持つドイツ出身のトーマス・マイヤー(Tomas Maier)がボッテガヴェネタの主任デザイナーに就任する。

ボッテガヴェネタの店舗ってどこ?

ボッテガヴェネタの日本における店舗展開は、1974年アオイによって店舗展開が開始されたが、2001年に本社がグッチグループになった事でボッテガヴェネタジャパンにより現在は店舗展開されている。
ボッテガヴェネタの主任デザイナーのトーマス・マイヤー自身がディレクションを務め2002年に新コンセプトの旗艦店「ボッテガヴェネタ青山(エスキスB1F)」がミラノ、パリ、ロンドンに続いてオープン。グローバルなイメージ展開を行っている。2006年には表参道ヒルズにも旗艦店をオープンしている。
直営店は大阪ハービスプラザ、博多スーパーブランドシティの2店舗。ボッテガヴェネタのインショップは札幌丸井大丸、日本橋高島屋、銀座松坂屋、横浜高島屋、新潟伊勢丹、名古屋三越、大阪大丸、岡山天満屋、高松天満屋など全国有名百貨店で28店舗により展開されている。
いかがでしょうか?ボッテガヴェネタの全国店舗展開のおおまかな概要がおわかりいただけましたか?もっと詳しく!という方は「ボッテガヴェネタ 店舗」で検索いただくとわかるかもしれません。

ボッテガヴェネタの財布が欲しい!

ボッテガヴェネタの財布の良さってどんなところでしょうか?まず素材ですが最高級シープスキンを使い、世界トップレベルの職人がじっくりと丁寧に時間をかけて作り込んでいます。ボッテガヴェネタの財布はブランドロゴやイニシャルを前面に打ち出している他のブランドと違い、クオリティ、デザイン、技術力で勝負していてイントレチャートを施しつつシルクの様な滑らかな手触りの羊革は、使えば使う程、味が出てきて革本来の魅力を増すのです。では、ボッテガヴェネタの財布の市場での価格はどんなものか。現在では3万円代から7万円代で、5万円代の財布が一番多いし、売れているようです。こちらも、もっと詳しくという方は「ボッテガヴェネタ 財布」で検索をかけるとすぐ調べられます。ちなみに現地イタリアでボッテガヴェネタの財布を購入すると日本よりだいたい25%OFFの価格帯だそうです。イタリアに行く便がある方は現地で買うのもありかもしれません。

Copyright © 2007 ボッテガヴェネタの財布をお探しですか?